子ども達は全身を動かし、遊ぶことによってあらゆることを学び、身につけ、子ども本来が持つ知恵やパワーが引き出されます。
早期教育などの与えられた学習から得る「知識」より、遊びの中で自ら頭を働かせて得る「知恵」や「工夫」は、生きる力をしっかりと身につけた心身共に健康でたくましい子どもにしてくれます。
そんな未知の可能性を秘めた子ども達が、家庭的な保育環境の中で、日々のびのびとおおらかな園生活を送れる保育を行って行きます。
         
●ともだちと仲良く遊べる子
●健康で心の豊かな子
●意欲を持って頑張る子


■自然に恵まれた保育環境を最大限活かし、子どもたちが主体的に遊びこむことのできる「のびのび保育」を行っています。

■自然に親しみ、遊びを通して自ら考え学ぶ力、生きる力を育みます。

■ゆとりある生活を心がけ、豊かな感性を育みます。

■行事ごとに縦割り活動をとりいれ、異年齢児との活動を通じて、優しいいたわりの心を養い、お互いに刺激し合うことによって、自立心を養います。

■子ども一人ひとりの個性、特性に目を向け、時間と愛情をかけて各々の子どもたちに丁寧に接します。

■家庭や地域の人たちに、保育に参加して頂く機会を広げながら、共に子育てをしていきます。